© 2021 SHIWA & TAKAHASHI LAW OFFICE

PRACTICES 業務案内

業務案内

PRACTICES

法人のお客様

CORPORATE

法人顧問についてはこちら

  • 01契約法務
    企業活動は契約に基づいて行われているため、紛争の予防、紛争の解決いずれにおいても契約内容が極めて重要であることは疑う余地がありません。そのため、契約書の作成、契約書のレビューは細心の注意をもって行う必要があります。当事務所では、契約締結前に様々なリスクを想定しながら、クライアントの皆様に対して適切なアドバイスを行います。
    また、既存の各契約から生じた問題についても、最善の結果を目指して対応します。
  • 02損害賠償法務
    取引先との契約に基づいて企業活動を行うなかで発生した債務不履行や不法行為など、企業活動においては、損害賠償の問題が生じることが少なくありません。当事務所では、これまでに多数の損害賠償法務を扱っており、クライアントの皆様が被った損害の回復や、いわれなき損害賠償請求からの防御など、あらゆる損害賠償法務に対応することが可能です。
  • 03争訟
    当事務所では、予防法務だけでなく、紛争が生じた後の対応も数多く取り扱っており、訴訟事件、非訟事件、保全事件、執行事件、調停事件、(労働)審判事件等の紛争案件全般について、クライアントの皆様の正当な権利を確保するため、高品質のサービスを提供いたします。
    当事務所は、その中でも特に訴訟に力を入れており、豊富な経験を有しているだけでなく、専門分野における訴訟にも実践的に対応することが可能です。
  • 04M&A(組織再編)
    企業の事業戦略において、スピード感をもって事業拡大を図る目的等により、株式譲渡や事業譲渡をはじめとするM&Aの手法がとられます。M&Aの実施にあたっては、弁護士をはじめとする専門家の関与によるクロージングまでの交渉やDD(デューデリジェンス)が重要です。
    当事務所では、他の専門家とも連携をしながら、適切なサポートをさせていただくことが可能です。
  • 05事業承継
    近年では中小企業を中心に、経営者の高齢化が進み、事業承継をスムースに行なうことができず、廃業に追い込まれるケースもよく見られます。事業承継法務は、事案ごとの特殊性に応じた決め細やかな提案が要求される分野でありますが、当事務所では、税理士等とのネットワークも活用して、事業承継に積極的に取り組んでおり、クライアントの皆様のニーズに合致したプランを提供することが可能です。
  • 06倒産法務
    金融機関との債務減免交渉、会社更生、民事再生、破産、特別清算等の申立てについて、単に申立てを行なうだけでなく、手続を選択するうえで必要となるきめ細かい事実調査と法的手続に対する見通しを立てるための周到な準備を行ないます。
    また、クライアントの皆様が債権者になるケースに関しても、これまでの倒産案件処理の経験を踏まえ、破綻企業に対する債権処理・債権保全について実務的なアドバイスをすることが可能です。
  • 07労働法務
    企業活動において、労働問題は切り離すことができない重要な問題です。従来から重要とされてきた労働者の解雇、賃金、休暇等に関する問題だけでなく、多種多様な雇用形態に応じた適切な労務管理についてもアドバイスをすることが可能です。クライアントの皆様が労働者とより良い関係を築き、より一層飛躍できるようサポートします。
  • 08損害保険法務
    企業活動において、リスクは常に隣り合わせです。近年における企業を取り巻くリスクは多種多様・複雑多岐であるだけでなく、新リスクが常に出現していると思います。企業活動におけるリスクマネジメントの重要性は日に日に高まっており、損害保険は最も重要なソリューションであると言えます。
    当事務所では、損害賠償法務にとどまらず、保険法や約款の解釈に関する案件も数多く扱う中で、日々ノウハウを蓄積しております。
  • 09不動産法務
    不動産取引や、賃貸借契約、不動産管理にまつわる各種問題(立退問題、賃料未払問題、修繕義務に関する問題など)、登記に関する問題について豊富な経験を有しており、案件ごとに最適な解決を導き出します。
    また、土地の境界紛争(筆界特定、境界確定訴訟等)に関して、数多くの経験を有しており、土地家屋調査士と連携を取りながら、専門的知識を生かした対応を行います。

個人のお客様

INDIVIDUAL

  • 01遺言・相続
    当事務所では、これまで多数の遺言相続案件に携わってきた経験を踏まえ、遺言書作成・民事信託の活用、その他各事案に応じて相続に関する戦略的なサービスを提供いたします。
    代表弁護士は、豊富な相続案件の実務経験に加え、税務的な観点、ライフプランまで考慮したうえでのアドバイスをさせていただくことが可能です。相続を「争続」にせず、法律的な視点に止まらない多角的な視点から緻密に検討し、どのような「終活」を行なうべきであるのかについて、トータルサポートさせていただきます。
  • 02不動産
    不動産取引や不動産管理(所有、賃貸借、使用貸借など)には、正しい法的知識がなければ大きな紛争に発展したり、損害を被ってしまったりするリスクが常に存在しています。当事務所では、事前にご相談いただくことで、そのようなリスクが顕在化もしくは拡大化する前に、適切な助言・対応を行います。また、重要な資産である不動産の有効活用についてアドバイスすることも可能です。
    他方、そのようなリスクが顕在化、拡大化してしまった場合にも、これまでの経験をもとに最善の解決を目指します。
  • 03破産・個人再生
    法人の倒産にともなう代表者個人の倒産手続や、債務超過に陥った方の更生の手助けとなるよう、各事案に応じた適切かつ最善の方法を提案します。特に倒産は、個人の人生において最重要ともいえる問題です。当事務所では、豊富な破産管財人としての経験なども生かして、その方の生活の再構築、事業の再生などのサポートをさせていただきます。
  • 04交通事故
    現代において、交通事故は最も多い紛争の一つであり、落ち度がない人も事故にまきこまれることがあるなど、誰にでも身近に起こりうる問題です。当事務所では、交通事故紛争について、交渉・調停・訴訟・ADRなどの各手続において非常に多くの経験を有しており、かつ最新の実務にも精通していますので、より戦略的な対応をすることができます。
  • 05医療過誤
    医療過誤は、医学的にも法律的にも専門的な知識が必要とされ、法的紛争の中でも難しいとされる分野の一つですが、当事務所には過去にいくつもの医療過誤問題を解決してきたノウハウがあります。これらのノウハウを生かしながら、最善の結果を得られるよう尽力します。
    また、最近増加している介護施設に関する問題も多く取り扱っています。
  • 06その他一般民事事件全般
    上記以外にも、日々、訴訟・交渉等の実務経験を積んでおり、最新の実務を念頭に置いた事案対応が可能です。
    また、離婚をはじめとする多くの家事事件については、双方の利害得失及び感情が複雑に絡み合う特殊性に配慮して、きめ細やかな事件処理を実現するためのサービスを提供いたします。

お問い合わせ

CONTACT